社員の声

人と人とのつながりを
大切にしている会社
コミュニケーションを
忘れずに働いていきたい
廣瀬 友海(商品部ロジスティックグループ / 入庫グループ)

Q1.志望した動機を教えてください。

私の一回り離れている従姉妹が看護師をしていて、小さいころから病院の話を聞くことが多く、その影響で医療関係の仕事に興味を持っていました。
高校生の時の職場体験学習で看護師の仕事を選び病院で看護師の仕事を体験してみて、自分には不向きなのかなと感じましたが、その時に見た医療機器にはとても興味を持ちました。見たこともない器械や小物がたくさんあり、使い方を知りたいと思いました。
高校に来た求人票を見て、医療機器を扱っているということと、福利厚生がしっかりしていたところに好感を持ち、この会社を希望しました。

Q2.担当している仕事の内容は?

私は物流センターで入庫グループに所属しています。
入庫は、
 運送会社から荷物が運ばれてくる
 →開封して商品を一つ一つ検品
 →次の行き先ごとに分ける
という流れで進んでいます。
外箱に破損がないかを確認して受け取り、中を開けて商品の間違いがないか、数量が合っているか、破損がないか納品書と照らし合わせ、商品によってはエアパッキンやラップで保護します。

Q3.担当している仕事のやりがい、また苦労したことは何ですか?

入庫での商品の検品は、一つ一つ傷や汚れがないか確認するので、根気の必要な作業だと思います。
中を開けた時、数量違いや破損があった場合、お得意先様へ迷惑をかけてしまうことになるので、それを事前に見つけ、防げたときにやりがいを感じます。
荷受けの際も、荷物の数の確認や損傷などをしっかり見るようにしています。忙しい時間帯はスピーディかつ丁寧にを心がけて仕事をしています。
物流の仕事がなければモノが市場に出ることはないですが、破損した商品がお得意先様のところに行ってしまっては意味がないので、入庫でも出荷でも一つ一つの商品を大切に扱うようにしています。

Q4.職場の雰囲気はどうですか?

とても雰囲気の良い職場だと思います。
上司や先輩が相談しやすい雰囲気を作ってくれているので、わからないことや不安なことがあったらすぐに相談できます。
人と人とのつながりを大切にしている会社なので、会社内の身近なところからもコミュニケーションを忘れずに、一丸となってこれからも働いていきたいです。

記事一覧