社員の声

営業マン(えいぎょうマン)よりも
影響マン(えいきょうマン)でありたい
大塚康弘(京都営業所 / 所長)

Q1.現在の仕事について教えてください。

京都営業所所長として営業所の運営をしつつ、プレイングマネージャーとして病院やディーラーへ訪問し、商品のプレゼンや企画提案などを行っています。

Q2.今までで忘れられない仕事、一番印象に残っている仕事は何ですか?

たくさんありますが、新入社員の頃、叱って頂いたお客様へは本当に感謝です。
ミスをして取引がなくなってしまっても仕方ない状況の中、仕事姿勢に免じてチャンスを頂きました。今では一番深い取引をして頂いてます。

Q3.営業職に求めるものは何ですか?

私が求める営業職は私見ですが、『子供心』です。
どの仕事でもそうですが、興味が無ければ面白くないですし、何にでも興味を持って失敗して成長していくと思います。
後は、人に影響与えれる人材。
営業マン(えいぎょうマン)よりも影響マン(えいきょうマン)でありたいと思います。

Q4.“松吉医科器械の魅力”について教えてください。

正直言います!
言いたい事や不満など上司、先輩に何でも言える会社はありません。
何でも自己責任になりますが、いい意味で自由です。

記事一覧