社会貢献活動

SDG’sへの取り組み SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOAL’S

新しい未来に向けて…
マツヨシはSDGsに向き合い、以下の目標を実践しています。

経営理念

「人々の健康と幸せへの貢献を使命に」という経営理念のもと、人々の健康と福祉の向上に貢献することを至上命題として社員全員が日々の業務に取り組んでいます。

育休制度

社員の積極的取得を推奨しています。

女性管理職の登用

女性が活き々と働きやすい職場環境を提供しています。

ボランティア休暇制度

社員が働きながら社会貢献活動に参加できるよう「ボランティア休暇制度」を設けています。

TOKYO働き方改革宣言企業

全社員が健全に、安⼼して働けるよう、働き⽅・休み⽅の改善に向けた活動に取り組んでいます。

地域雇用

物流の拠点である栃木県において地域に密着した積極的な地域雇用を行っています。

プロスポーツチームのオフィシャルスポンサー

栃木県を拠点に活躍する4つのプロスポーツチーム(バスケット、サッカー、アイスホッケー、サイクルロードレース)を応援しています。

ソイインキの使用

一冊1,400ページ以上にもなる「マツヨシ医療施設総合カタログ」は大豆由来のソイインキを使用し、大気汚染防止に貢献し、化石燃料系の資源の使用量を抑制しています。

環境へ配慮した商品の導入

動植物から生まれた再生可能な有機性資源である「バイオマス」由来材料を使用しての商品化を行うなど、地球にやさしい素材を使った商品を市場に広めていくことで、地球温暖化の防止に貢献しています。

エコカーの導入

本社および各営業所で使用する社用車を、二酸化炭素や窒素酸化物の排出量が少ないエコカーにすることで、環境への配慮を行なっております。