社会貢献活動

新型コロナウイルス感染症への対応 With corona 新型コロナウイルス感染症の発生を受け、当社は感染防止のための体制を構築し、様々な取り組みを進めています。新型コロナウイルス感染の早期発見として、接触頻度の高い役員・及び従業員は、PCR検査と抗体検査を毎月1回ずつ、または抗体検査を毎月2回実施し、定期的に感染の有無を確認しています。また、上記のほか体調不良時やその他検査が必要と思われる従業員については随時抗体検査を行っています。

対応の基本姿勢

  • 従業員、家族および社内外関係者の生命、身体の安全、健康を最優先とする
  • 事業への影響を最小限にとどめ、事業継続を図ることにより、医療機器商社として社会的責任を果たす
  • 「東京都 感染防止徹底宣言」に参加し、働き方や組織のあり方を変えていく

本社での取り組み

《エントランス》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、サーマルAIカメラとアルコール消毒剤を設置しています。

《来客スペース》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、サーマルAIカメラとアルコール消毒剤器を設置しています。
さらにサーキュレーターで換気を促し、空気清浄機も設置しています。

《来客ブース》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、消毒剤を設置しています。さらに感染防止パネルの設置と、ソーシャルディスタンスをお願いするラベルを貼付。環境清拭ボトルを設置し使用後にテーブル・イスを都度清拭し、消毒後は「消毒済み」ラベルを貼付しています。

《ミーティングルーム》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、消毒剤を設置しています。さらに感染防止パネルの設置と、ソーシャルディスタンスをお願いするラベルを貼付。環境清拭ボトルを設置し使用後にテーブル・イスを都度清拭し、消毒後は「消毒済み」ラベルを貼付しています。
扉や窓を開け、定期的な換気(1時間に10分)を行います。

《執務スペース》

デスクの上に感染防止パネルを設置し、社員の席を1席分開けて着席、執務しています。

東京営業所の取り組み

《エントランス》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、サーマルAIカメラとアルコール消毒剤を設置しています。

《ミーティングルーム》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、消毒剤を設置しています。さらに感染防止パネルの設置と、ソーシャルディスタンスをお願いするラベルを貼付。環境清拭ボトルを設置し使用後にテーブル・イスを都度清拭し、消毒後は「消毒済み」ラベルを貼付しています。

《執務スペース》

毎朝の検温を実施し、全社員の体温、体調を管理しています。アルコール消毒剤、環境清拭ボトルも設置しています。

松吉医科器械株式会社分室・株式会社CoComedixの取り組み

《エントランス》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、サーマルAIカメラとアルコール消毒剤を設置しています。

《ミーティングルーム》

感染対策啓発ポスターにて、マスク着用、アルコール消毒、検温の実施のご協力をお願いし、消毒剤を設置しています。さらに感染防止パネルの設置と、ソーシャルディスタンスをお願いするラベルを貼付。環境清拭ボトルを設置し使用後にテーブル・イスを都度清拭し、消毒後は「消毒済み」ラベルを貼付しています。

《執務スペース》

毎朝の検温を実施し、全社員の体温、体調を管理しています。アルコール消毒剤、環境清拭ボトルも設置しています。

当社は新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」実践のため、以上のような取り組みを行っております。
ご来社いただきましたお客様におかれましても、ご理解いただきご協力いただけますようお願い申し上げます。